子供の矯正はいつから始めるの?

TOP >子供の矯正はいつから始めるの?

小児矯正は始めるタイミングが重要です

[画像]小児矯正は始めるタイミングが重要です

「矯正治療は、早く始めたほうがいいの?」「全部生え替わってからでないと治療できない?」など、矯正治療を始める時期について疑問をお持ちの親御さまは多いのではないでしょうか。
子供の矯正治療では「タイミング」が重要であり、適した時期を逃してしまうことで、治療期間が長引いてしまったり、よりよい効果が得られにくくなってしまったり……というケースもあるため、注意が必要です。

こちらでは、大田区大鳥居の歯医者「羽田エイル歯科・矯正歯科」が、お子さまの成長を3つの時期に分け、矯正治療のタイミングについてご紹介します。※右側は費用のイメージです。

早期小児矯正 3歳~5歳くらいまでの乳歯列期
乳歯反対咬合の場合

小児矯正 6歳~11歳くらい 永久歯交換時期
成長の力を用いて歯の並ぶスペースの確保、顎御正しい成長の促進。
顎の骨の正しい位置関係への改善

成人矯正 12・13歳くらいから 永久歯列完成後
大人の歯の細やかな並びを改善していく

保定 矯正治療終了後
後戻りが起きないように歯並びを維持・管理します。

完全乳歯列期(3~5歳)

[画像]完全乳歯列期(3~5歳)

お子さまに受け口の症状が見られる場合は、早めにご相談いただくことをおすすめします。
具体的には、1~2歳ころからご来院いただき、3~5歳くらいまで経過観察を実施。必要であれば、「ムーシールド」という取り外しできる装置を使って受け口を改善していきます。
この時期までに改善できないと、将来的に受け口になってしまう可能性が高くなるので、予防の意味も含めて早めのご相談・ご来院が重要です。

この時期のおもな治療

[画像]ムーシールド

ムーシールド

おもに受け口(反対咬合)を治すための矯正装置です。
マウスピース状で取り外しができるため、いつもと同じように食事やブラッシングをしていただけます。
また、ムーシールドを入れることも重要ですが、ムーシールドを入れて口を閉じる練習も重要になってきます。

乳歯から永久歯に歯が生え替わる頃(6~11歳)

[画像]乳歯から永久歯に歯が生え替わる頃(6~10歳)

乳歯と永久歯が混ざって生えているこの時期は、矯正治療に適している時期といえます。
なぜなら、すべて永久歯に生え替わってからでは歯を移動させるスペースがつくれず、抜歯が必要になるケースも出てくるからです。
抜歯をせずに矯正治療を行うためには、この時期から顎の環境を整えていくことが大事になります。
この時期にきちんと治療できていれば、II期治療の期間を短くすることができるのです。

この時期のおもな治療

[画像]床矯正

床矯正

入れ歯のような取り外しできる矯正装置を毎日一定時間装着し、歯が正しく並ぶスペースを確保するために顎を広げていく治療です。

[画像]MFT(口腔筋機能療法)

MFT(口腔筋機能療法)

舌や唇の動きなどが正しくないと、歯並びが乱れてしまう原因になることがあります。
正しい歯並びを導くためにお口まわりの筋肉を鍛え、バランスを整えていく治療を行います。

永久歯に生え替わってすぐ(13歳ころ)

[画像]永久歯に生え替わってすぐ(13歳ころ)

永久歯が生えそろったばかりの時期には、歯と顎を同時に治療できます。
この時期を逃さずに治療を開始できれば、スムーズな経過が期待でき、抜歯せずにすむ確率も高まります。
歯並びの乱れは、多感な思春期のお子さまにとってとても気になるもの。
口元を気にするあまり消極的になってしまうお子さまも珍しくありません。
できるだけ早い時期に治療をスタートさせてあげましょう。

この時期のおもな治療

[画像]ブラケットによる治療

ブラケットによる治療

ブラケットという小さな装置を歯の表面に取り付け、ワイヤーを通して歯を移動させる一般的な矯正治療。
ほとんどの症例に対応でき、効果が得やすいのが特徴です。

[画像]インビザラインティーン

各種インビザライン

インビザラインは、コンピュータを用いて作製した透明なマウスピースを約2週間ごとに段階的につけ替え、乱れた歯並びを整える矯正治療です。

インビザラインの治療オプション

インビザラインシステムには、インビザラインティーンのほかにもさまざまなオプションがあります。大田区大鳥居の羽田エイル歯科・矯正歯科では、一人ひとりの患者さまに適したインビザラインのご提案を行っています。

インビザライン・ティーン インビザライン・フル
10代(ティーン)のお子さま向けに開発されたシステムです。
当院では上下ともに、前歯から数えて6本ずつ永久歯になってからの治療をオススメしています。ステージ数(1ステージ=2週間)が無制限です。
広範囲の治療で効果を発揮するシステムです。ステージ数(1ステージ=2週間)が無制限で、3回の微調整が追加費用なしで受けられます。
インビザライン・ライト インビザラインi7
軽度な部分矯正や不正咬合、矯正の後戻り、コンビネーション治療などに適応できるシステムです。14ステージに収まる症例に限られます。 左記の「ライト」よりも軽度な部分矯正、不正咬合、矯正の後戻りなどに適応できるシステムです。7ステージ以内に完了する症例限定です。
院長からのメッセージ

院長

子供の歯の成長は、比較的上顎が早く、下顎が遅いという傾向があります。
また一人ひとりのお子さまによっても、生え替わりなどのタイミングは大きく異なるものです。
当院では、一人ひとりのお子さまの成長をふまえて、最善の矯正治療をご提案します。
相談したらすぐ治療開始する――ということはありませんので、まずは治療が必要かどうか、またいつから始めたらいいのかなど、先を見通す意味でもお気軽にご質問ください。
矯正相談は無料で承ります。

矯正治療の方法はほかにもさまざまなものがあります
矯正装置についてくわしくはこちら

ページトップ