おやつ

TOP >おやつ

「おやつ」を楽しい時間にしてあげるために

[画像]「おやつ」を楽しい時間にしてあげるために

「虫歯の原因」「ごはんが食べられなくなる」など、しばしば悪者にされがちなおやつ。
ですが、子供にとっておやつはとても大切なものです。選び方や与え方に注意しながら、おやつを楽しい時間にしてあげましょう。
こちらでは、大田区大鳥居の歯医者「羽田エイル歯科・矯正歯科」が、歯の健康とおやつの関係についてくわしくご紹介します。

子供にとっての「おやつ」とは?

[画像]子供にとっての「おやつ」とは?

とくに小さい子供の場合、一度に多くの量を食べることができません。
そのため、おやつも1日のうちの「大切な1回の食事」となります。
つまり、「おやつ=お菓子」である必要はないのです。おやつを食事の補助として位置づけ、栄養面を考えておにぎりや野菜、果物などをあげるとよいでしょう。

また、おやつをあげるうえで大切なのが、時間を決めること。
お子さまが「お腹すいたー!」というたびに何か与え、だらだら食べ続けさせてしまうのは、食事に妨げが出てしまう(空腹を感じにくくなる)、虫歯になりやすくなる(虫歯菌のごちそうとなる糖がお口の中にある時間が長くなる)という観点からよくありません。
おやつをあげるに際して重要なのは、「与える物」とその「量」、そしてあげる「タイミング」であるといえるでしょう。

おやつと虫歯の関係

[画像]おやつと虫歯の関係

乳歯は大人の歯と比べて資質がやわらかく、虫歯になりやすいことに加えて一度なると進行も早いという特徴があります。
そのため、大人以上に食べる物には注意が必要です。

中でも、甘い物や歯にべったりと付くお菓子には虫歯が好む糖(ショ糖)がいっぱい。しかし、だからといって全部取り上げてしまってはお子さまもかわいそうです。
おやつにも虫歯になりやすい物となりにくい物がありますので、上手に選んで与えるようにするといいでしょう。

虫歯になりにくいおやつ・虫歯になりやすいおやつ
虫歯になりにくいおやつ 虫歯になりやすいおやつ
虫歯になりにくいおやつ 虫歯になりやすいおやつ
おせんべいやクラッカーなどにはショ糖が入っておらず、歯にくっつきにくいので虫歯になりにくいおやつといえます。
いも類や野菜スティックもおすすめ。
また、最近よく出ているキシリトール入りのおやつは、虫歯予防に効果的です。
おかしと一緒に与える飲み物は、お茶やお水がおすすめです。
あめ、ガム、チューイングキャンディ、キャラメルなど、お口の中に長く留まるおやつは虫歯になりやすいので要注意。
チョコレートやビスケットといった糖分が高く、歯に食べカスが付きやすい物も、あげすぎ厳禁です。
甘いお菓子をあげるときには、糖分が多く含まれるジュースやスポーツ飲料も、避けましょう。
おすすめのおやつとは?

歯の健康を考えたいなら、上記でご紹介した「虫歯になりにくいおやつ」のほかに次の物を選ぶといいでしょう。

噛みごたえのある物 食物繊維が多く含まれている物
薄味の物 糖分(ショ糖)の少ない物
カルシウムが多い物 脂質の少ない低カロリーの物
保存料や着色料などが添加されていない物 歯にくっつきにくい物

繰り返しになりますが、おやつが「甘い物」である必要はありません。
チョコレート、ケーキ、あめなどの甘い物でなくても、おいもやとうもろこしなどのように子供がよろこぶおやつはたくさんあるはず。
いろんなおやつを選んでみる中で、お子さまが喜ぶおやつを探してみるのも楽しいかもしれません。

おやつの後はブラッシングを!

[画像]おやつの後はブラッシングを!

おやつを食べた後はお口の中が酸性になっており、虫歯ができやすい状態です。
虫歯をつくらないようにするには、食べた後に欠かさずブラッシングをして、酸性を中性に戻すことが大切です。
外出していてブラッシングが難しいという場合には、水やお茶で口をゆすぐだけでもいいでしょう。
「虫歯にならないように」という意識を親子で持って、小さい頃から習慣づけることが予防の面ではとても大事です

ページトップ