矯正治療中の親の役割は?

TOP >矯正治療中の親の役割は?

お子さまの歯並びのためにできること

[画像]お子さまの歯並びのためにできること

近年、矯正治療を受けるお子さまが増えているとはいえ、まだまだ「よその家の話」と思われていることも多いのが現実です。
しかし欧米では、歯並びや噛み合わせが整っていることはエチケットとして当たり前とされており、赤ちゃんが生まれたときから矯正治療のための積み立てを始めるといいます。
それだけ、「歯」の重要性が理解されているのです。

[画像]お子さまの歯並びのためにできること_02

費用面だけでなく、矯正治療には親御さまの理解や長期的なサポートが必要です。
こちらでは、大田区大鳥居の歯医者「羽田エイル歯科・矯正歯科」が、矯正治療中の親御さまの役割についてご紹介します。

矯正治療を始めること

[画像]矯正治療を始めること

お子さまは、自分の歯並びがいいのか悪いのか、なかなか客観的に把握することができません。
また、矯正治療という選択肢そのものを知らないケースもあるでしょう。
つまり、お子さまの歯並びがどうなるか(どうしていくのか)は、親御さまにかかっているといえます。

矯正治療は、子供のうちから始めることでスムーズな経過が見込める、よい結果を得やすくなるなど、たくさんのメリットがあります。
治療を始める適切なタイミングを逃さないために、日ごろからお子さまのお口の様子に関心を持ち、歯並びで気になることがあれば早めに歯医者さんに相談するようにしましょう。

お子さまのお口をチェック!

[画像]お子さまのお口をチェック!

子育てをしているお母さまはとても忙しく、「なかなか歯並びのことまで気が回らない……」という方も多いかもしれません。
しかし、歯並びの乱れはお子さまの「お口の健康」「全身の健康」「心の健康」を妨げるリスクになります。
日ごろからお子さまのお口に関心を持ち、チェックしてあげましょう。

噛み方に癖はありませんか?

次の項目の中で、お子さまの食事の様子で当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

片顎だけで噛んでいる

食べ物を噛むときは、できるだけ左右の顎を均等に使うことが大切です。
片方ばかりで噛んでいると、輪郭がゆがんでしまうこともあるので要注意。
また、噛む回数が少ないと顎は正しく発達することができませんので、何回もしっかり噛むように話してあげましょう。

口の開け方が小さい

やわからい食べ物が増え、噛む回数が減っているといわれる昨今、顎の成長が不十分なために口を大きく開けられない、という子供が増えています。
また「口を開けると痛い」「開け閉めするときにカクカク音が鳴る」などといった顎関節症の症状が出るケースも少なくありません。

食事に時間がかかる

奥歯を噛み合わせていても前歯が閉じない「開咬(かいこう)」のお子さまは、前歯で食べ物が噛めないため食事に時間がかかってしまうことがあります。
お子さまのストレスになりかねませんので、一度、矯正専門医の診察を受けることをおすすめします。

こんなサインはありませんか?

お子さまに次のような様子は見られませんか?
ひとつでも当てはまったら、それは歯並びに問題があるサインかもしれません。

笑うときに顎がしゃくれる

歯ぎしりをしている

いつも口呼吸だ

指しゃぶり・おしゃぶりがやめられない

話し方がおかしい・かつ舌が悪い

生え替わりの時期が近づいても、乳歯と乳歯の間にすき間がない

左右の顔のバランスが悪い

仕上げみがきはしっかりと

[画像]仕上げみがきはしっかりと

お子さま自身に、自分のお口に関心を持たせること、ブラッシングの習慣を付けてあげることはとても大切なことです。
しかし、小さなお子さまが自分で満足に歯をみがくことはなかなか難しいもの。
そこで当院では、10歳ころまでのお子さまには、ブラッシング後に親御さまがチェックをし、仕上げみがきを必ず行うことをおすすめしています。

また矯正治療中は、装置があることでいつも以上にブラッシングが難しくなるため、とくに注意して仕上げみがきをしてあげてください。
装置の種類によっては、親御さまがねじを回すなどして移動させてみがくことが必要なものもあります。
お子さまが長期間にわたる矯正治療を乗り越えられるよう、親御さまがしっかりサポートしてあげましょう。

ページトップ