小児矯正のメリット

TOP >小児矯正のメリット

子供のうちから矯正治療を始めましょう

[画像]子供のうちから矯正治療を始めましょう

矯正治療は、年齢に関係なく子供から大人まで誰でも受けることができる治療です。
しかし、成長段階にある子供のうちに始めることで得られるメリットは大人の矯正治療よりも多いという事実は、意外と知られていません。
こちらでは、大田区大鳥居の歯医者「羽田エイル歯科・矯正歯科」が小児矯正のメリットについてご紹介します。

子供のうちから矯正を始めるメリット

メリット1:よりよい仕上がりが期待できる 成長期にあるお子さまは、顎にも自然に成長しようとする力があります。
その力を利用して顎のバランスを正しく導くことで、よりよい仕上がりを得ることが期待できます。
メリット2:顎の正しい成長が促せる 噛み合わせの乱れをそのままにしておくと、顎が変形して顔つきがゆがんでしまうことがあります。
成長期に正しい噛み合わせに導くことで、バランスのよい見た目を得られるようになります。
メリット3:抜歯の可能性が減る 成長を利用して顎を広げることで、抜歯せずに矯正できる可能性が高まります。
大人になってからの治療では抜歯が必要になるケースでも、子供のうちから取り組めば歯を残せるようになることもあるのです。
メリット4:治療期間を短縮できる 自然な成長の力を利用すると歯や顎をスムーズに移動させられるため、治療期間を短縮することができます。
メリット5:手術を不要にできる可能性が高くなる 受け口などを放置したまま成長すると、顎のずれが大きくなって手術が必要になるケースも出てきます。
子供のうちに矯正治療を行えば、こうした手術を不要にできる可能性が高まります。
メリット6:コンプレックスが解消される 出っ歯」「すきっ歯」「受け口」など、歯並びの乱れはお子さまのコンプレックスになりがち。
それをからかわれたりすると、口元を気にして積極性や社交性がなくなってしまうことも。
早めの矯正治療は、お子さまの心を守ることにもつながります。
メリット7:虫歯や歯周病になりにくい環境をつくることができる 歯並びが乱れていると食べカスがはさまりやすく、ブラッシングもしにくいことから、歯に異常な力が加わり虫歯や歯周病になりやすくなります。
開咬
になると、マイクロクラック(小さなヒビ)ができやすい奥歯が虫歯の温床になることも。歯並びがきれいになれば、虫歯や歯周病のリスクを下げることもできるのです。
院長からのメッセージ

院長

日本では、「歯並びが悪くなってから初めて矯正治療を考える」というのが一般的かもしれません。
しかし、きれいな歯並びであることが「エチケットのひとつ」と考えられている欧米諸国ではその逆。
「矯正治療をしないときれいな歯並びは得られない」ということを前提に、早くから治療に取りかかるという考え方が当たり前になっているのです。
そしてやはり、「悪くなってから」よりも「始めから」矯正治療を行うほうがよい結果を得やすくなります。
矯正治療は、成長段階にある子供のうちに取りかかることが大切なのです。

お子さまがきれいな歯並びを手に入れ、心も体も健やかに成長できるようにしてあげられるのは、親御さましかいません。
お子さまの明るい将来のために、矯正治療を前向きに考えてみませんか?
私たちがしっかりサポートします。

ページトップ