治療中・治療後のメインテナンス

TOP >治療中・治療後のメインテナンス

矯正治療ではメインテナンスが大切です

[画像]矯正治療ではメインテナンスが大切です

矯正治療は「装置を付ければそれでいい」というものではなく、治療中から治療後にわたって適切なメインテナンスを行うことが大切です。
大田区大鳥居の歯医者「羽田エイル歯科・矯正歯科」では、小児矯正において以下のメインテナンスを行っています。
矯正中に虫歯でつらい思いをしないように、また矯正によって得た効果を長く維持できるように、当院と一緒に取り組みましょう。

治療中のメインテナンス~ブラッシング指導~

[画像]治療中のメインテナンス~ブラッシング指導~

お口の中の状態は一人ひとり異なるうえ、ブラッシングにはどうしても癖が出るため、どうしてもみがき残しになりやすい部分が出てしまいます。
そこで当院では、口腔衛生管理のプロである歯科衛生士が2週間から1ヶ月をかけて、一人ひとりのお子さまに合ったブラッシング(仕上げみがき)の方法を指導しています。

装置を付けている矯正治療中はとくにみがき残しが出やすく、虫歯ができやすくなってしまうもの。
そのため、今まで以上に意識して丁寧にブラッシングすることが重要になるのです。
当院では矯正治療前はもちろん、治療中にもブラッシングが正しくできているかどうかを細かくチェックします。
虫歯を予防するために、正しいブラッシング方法を身に付けましょう。

治療後のメインテナンス~保定装置の装着~

矯正治療が終わって装置を外すと、歯はもとの場所に戻ろうとします。
それを防ぐための処置が「保定」です。
矯正後の歯の位置を安定させるため、一定期間「リテーナー」という保定装置を付けていただきます。

リテーナーの役割

リテーナーは、歯の外側に沿った針金と、歯の裏側に沿ったレジン製のプレートでできている、取り外しが可能な装置です。
矯正治療によって移動した歯をその場所に維持しながら、歯ぐきや顎の骨になじませていく役割を持っています。

リテーナーによる保定期間が終わると、歯や歯ぐき、顎の骨はその位置でしっかり安定し、食べ物も問題なく噛めるようになります。
「歯が動いたから」と気を抜かず、よい仕上がりを得るために最後までしっかり取り組みましょう。

リテーナーの取り扱いについて

リテーナーは、次のことに注意して装着・取り扱いを行いましょう。

リテーナーはしっかり付けて! リテーナーは取り外しできるため、食事やブラッシングをいつも通りに行えます。
しかし、だからといってつい外しっぱなしにしてしまうと、歯の位置が徐々に戻ってしまいます。
せっかく長い期間をかけて移動させた歯を戻してしまわないために、毎日きちんと付けるようにしましょう。
壊れやすいため注意! リテーナーは、装着時の違和感を軽減するために、とても薄いプレートでつくられています。
洗浄するときに力を入れすぎたり、落としたりすると、割れてしまうこともありますので、取り扱いには十分に注意しましょう。

ページトップ