歯並びチェック

TOP >歯並びチェック

あなたのお子さまの歯並び、大丈夫ですか?

[画像]あなたのお子さまの歯並び、大丈夫ですか?

不正咬合(ふせいこうごう)と呼ばれる歯並びや噛み合わせの乱れには、いくつもの種類があります。
あなたのお子さまは、以下のような歯並び・噛み合わせになっていませんか?
不正咬合になってしまうと、見た目の印象が悪くなる、虫歯になりやすくなる、顎関節症になりやすくなるなどの問題を招いてしまいます。

大田区大鳥居の歯医者「羽田エイル歯科・矯正歯科」では、矯正治療に関する無料相談を行っています。
お子さまの歯並びで気になることがありましたら、なんでもお気軽にご相談ください。

不正咬合の種類

[画像]出っ歯

出っ歯

上顎の歯が全体的に前に出っ張っていたり、上の前歯が大きく前方にかたむいていたりする状態です。
歯のみが前に出ている場合と、上顎が前に出ている場合があります。

[画像]受け口

受け口

下顎の歯が上顎の歯よりも前に出てしまっている状態です。
上下の歯が噛み合わないのでうまく噛めず、発音もしづらくなってしまいます。

[画像]開咬

開咬

口を閉じていても上下の前歯の間が開いてしまう状態です。空気が漏れやすく、発音しづらくなります。
幼児期の指しゃぶりや口呼吸が原因でなることが多くあります。

[画像]すきっ歯

すきっ歯

歯と歯の間に大きな隙間がある状態です。
見た目が美しくないというだけでなく、食べかすが詰まりやすくなるので不衛生になりがち。
空気が漏れて正しい発音ができないこともあります。

[画像]八重歯(叢生・乱ぐい)

八重歯(叢生・乱ぐい)

歯が凸凹に並んでいる状態を叢生(そうせい)もしくは乱ぐいといい、乱ぐい状態になっている上顎の犬歯を「八重歯」と呼びます。
歯の清掃性が悪く、虫歯や歯周病になりやすくなります。

[画像]深い噛み合わせ(過蓋咬合)

深い噛み合わせ(過蓋咬合)

上顎の前歯が下顎の前歯に深く被さっている状態です。食べ物をうまく噛み切れなかったり、歯ぐきを噛んでしまったりすることがあります。

[画像]奥歯のすれちがい(交叉咬合)

奥歯のすれちがい(交叉咬合)

奥歯の噛み合わせがずれてしまっている状態です。
奥歯の噛み合わせがずれると、顔のゆがみを引き起こすことがあります。

お子さまの癖が不正咬合を招きます。

[画像]お子さまの癖が不正咬合を招きます。

お子さまの何気ない癖が、上記のような歯並びや噛み合わせの乱れにつながってしまうことがあります。
次のような癖がある場合には、できるだけ早く正してあげるようにしましょう。

頬杖(ほおづえ) 唇を噛む 指しゃぶり
口呼吸(ポカン口) 舌癖(ぜつへき) 爪を噛む
歯ぎしり 丸飲み 柔らかい物ばかり食べる

普段の何気ない癖にも要注意

ページトップ