矯正治療の流れ

TOP >矯正治療の流れ

まずはお気軽にご相談ください

[画像]まずはお気軽にご相談ください

大田区大鳥居の歯医者「羽田エイル歯科・矯正歯科」では、矯正治療に関する無料相談を行っています。
「矯正治療が必要なのか知りたい」「何歳ぐらいで始めればいいかわからない」「小児矯正の選択肢について教えてほしい」など、まずはお気軽にご相談ください。
こちらでは、当院の矯正治療の流れについてご紹介します。

羽田エイル歯科・矯正歯科の矯正治療の流れ

[画像]ご相談・初診

Step1:ご相談・初診

初めに、お子さまの歯並びについてのお悩みや心配ごとなどをくわしくうかがいます。お子さまともやさしくお話しし、慣れてきたころを見はからってお口の中を診察します。
そのうえで、矯正治療が必要かどうか、どんな治療法が考えられるのかなど、この時点でお伝えできることを丁寧にご説明しますので、ご質問などがあれば何でもおたずねください。

[画像]詳細な診察(検査)

Step2:詳細な診察(検査)

矯正治療では、現在の歯や骨の状態などといったくわしい情報が不可欠です。
レントゲン撮影やCT撮影、歯型の採取、またお口の中や顔の写真撮影などを行い、治療計画の立案に必要なデータを収集します。

[画像]治療計画の立案・ご説明

Step3:治療計画の立案・ご説明

検査結果をもとに、一人ひとりのお子さまに合った治療計画を立てます。
治療法の選択肢や費用などについてもくわしくご説明します。じっくりご相談とご検討を重ねていただき、よい治療計画を決定していきましょう。

[画像]ブラッシング指導・クリーニング

Step4:ブラッシング指導・クリーニング

矯正治療で固定式の装置を装着する場合は、それに適したブラッシングを行っていくことが欠かせません。
虫歯や歯周病にならないよう、治療に入る前には2週間~1ヶ月をかけてブラッシング指導とともに練習を行います。
また、専門的なクリーニングでお口の中の汚れを徹底的に落とします。

[画像]治療スタート

Step5:治療スタート

装置を装着して治療開始となります。初めて装着したときには多少の痛みやしめつけ感を覚えることもありますが、2~3日で慣れてきますのでご安心ください。
治療期間中は定期的にご来院いただき、歯の動きをチェックしながら装置の調整を行っていきます。
装置やお口の中に違和感が生じた場合には、ご予約日以外でもご連絡をいただくようお願いいたします。

Step6:治療終了・保定期間

治療期間が終わって矯正装置を取り外したら、歯がもとの位置に戻らないように保定を行います。
このステップでは取り外しができる保定装置「リテーナー」を装着し、歯の位置が落ち着くまで1~2年間ほど様子を見ていきます。
この期間中も、定期的にメインテナンスにお越しいただきます。

院長からのメッセージ

院長

10歳くらいまでに行う「I期治療」では、顎や筋肉を正しい位置に誘導していくことが目的になります。
しかしこの後にも、10~12歳くらいに上顎が、さらに思春期ころには下顎が成長するため、この時点で「完璧な矯正結果」を望むことはできません。
成長が止まった後の「II期治療」で、より正しい歯並びに導いていきます。
矯正治療には長い年月がかかりますが、正しい歯並びは見た目の面でも予防の面でも「一生の財産」となります。私たちと一緒に、がんばっていきましょう。

ページトップ